総量規制外は銀行系カードローンで

総量規制外のカードローン〜銀行系審査情報

そもそも総量規制って?

近年、消費者金融業者からの借り入れを希望している人が増加しています。

 

日本人のライフスタイルは年々いろいろな形に変化しており、社会生活を送っている中で急な出費が発生するリスクが高まっています。

 

そこで、消費者金融業者が取り扱っているカードローンのお世話になることによって、しっかりと経済的なニーズを満たすことができます。
カードローンには総量規制が設けられているため、借りすぎには十分に注意することができるようになっています。

 

かつて総量規制が設けられていなかった頃には好き勝手に借り入れを行った結果として、多重債務の状態になる利用者が後を絶ちませんでした。

 

貸金業法の改正以降は年収の三分の一以上の金額を借り入れることができなくなったため、安心して返済ができる環境が整っています。

 

総量規制のメリットやデメリットについてはあらゆる立場の人々の間で大きな話題となっており、現在では口コミサイトや掲示板などでの情報交換が行われています。

 

また、銀行などの金融機関が取り扱っているカードローンについては総量規制の対象外となることも知られています。

 

そのため、高額な借り入れを希望する場合にはそのようなカードローンを選択することも有効です。

貸金業法による基準と総量規制について

貸金業法による基準と貸すことができる限度を定めた総量規制について、貸付できる金額がその借りる個人の総収入、年収の3分の1までと決められています。
ただし、この総量規制の例外や除外とされているものもあります。
例外とされているものの代表が緊急で医療費の貸付などがそれです。
除外については不動産購入や自動車購入時の貸付などが該当するため、総量規制の対象とはなりません。

 

このように基準が細かく定められていますが、いずれにしても借りる側が多重債務とならないように定めた基準ですので、借りなければならない理由が借金の返済などの場合にはいわゆる自転車操業状態ですから、法的整理を含めて対応を早く考えた方がよい場合もあります。

 

借りては返すのではいつまで経っても借金の整理はできません。

 

この基準には他にも除外や例外とされる場合があり、借りる際にはそうした情報をあらかじめ知っておくことで業者側との相談も可能な場合がありますから、どうしても資金が必要だけれども、総量規制に引っかかるからあきらめるということではなくて、相談してみるのも一つの手として覚えておくことも大切です。

 

総量規制の金額などの把握は、信用情報会社などを通じて行われることにも注意が必要です。

 

更新履歴